株式会社ウラケン

外構サービスの工事フローを詳しく解説!

お問い合わせはこちら

外構サービスの工事フローを詳しく解説!

外構サービスの工事フローを詳しく解説!

2023/12/15

外構サービスの工事フローについて詳しく解説しましょう。外構工事は、お家の印象を左右する大切な要素の一つであり、慎重なプロセスが必要です。この記事では、外構工事の手順や注意点など、具体的に解説していきます。是非ご覧ください。

目次

    外構サービスとは?

    外構サービスとは、住宅や商業施設の敷地内の外装部分をデザイン、施工するサービスのことです。庭や駐車場、通路や門扉、フェンスなどを設計・施工し、建物と一体的な外装を作り上げます。また、メンテナンスやリフォームなど、既存の外構を改修するサービスも提供されています。外構は、建物と同じく、暮らしやビジネスに欠かせないファクターであり、良い外構は生活やビジネスに良い影響を与えます。外構サービスを依頼することで、より快適な暮らしや、仕事の効率化などが期待できます。外構サービスを検討している方は、専門業者に相談して理想的な外構を実現してみてはいかがでしょうか。

    工事フローの基本的な流れ

    外構サービスにおける工事フローの基本的な流れは、お客様の要望に基づくクオリティーの高い外構空間を創造するために重要です。まずは、現地調査を行い、お客様のご希望や予算に応じた設計プランを立てます。そして、見積もりや契約書の手続きを行い、着工の準備を整えます。工事現場に入り、地盤補強や樹木の移植などの土木工事を行います。その後、外構エクステリアや植栽などの設置を行い、電気・水道配線を行うなど施工を続けます。完成後は、お客様に確認して頂き、細かな修正を行い最終的に納品されます。外構サービスにおいては、これらのステップをしっかりと行うことにより、品質や信頼性の高い外構空間を創造することが出来るのです。

    施工前の準備

    外構サービスにおける施工前の準備には、様々な作業が含まれます。まずは、クライアントとのコミュニケーションを密にし、施工計画を立てます。その後、敷地内の地形や環境に合わせて立地調査を行い、施工に必要な資材や道具などを準備します。 また、敷地内にある樹木や花壇、庭園などの撤去作業や解体作業を行うこともあります。この際は、周辺住民の方々にも十分な配慮が必要です。 更に、敷地内に水道管や電柱などの設備がある場合は、それに配慮し、影響を与えないように施工する必要があります。 施工前の準備は、安全面にも配慮する必要があります。敷地内に立ち入る場合は、周辺住民の方々にも事前に通知し、安全対策を行うことが大切です。また、施工に必要な資材や道具の手配も、安全な運搬方法に重点を置きます。 安全に施工を行うために、施工担当者は十分な知識と技術を持っていることが求められます。さらに、周辺環境に配慮し、クライアントに満足いただける仕上がりを目指し、誠意を持って施工に当たっていきます。

    工事中のポイント

    外構サービスを提供する際、お客様のご要望に合わせた工事を行います。ただし、工事中はお客様にご不便をおかけする場合がございますので、以下のポイントにご理解いただけるようお願い申し上げます。 まず、工事計画の詳細を事前にお伝えします。工事開始前に、工事の日程や工程、工事期間などをご説明いたします。また、工事中の騒音や振動、通行規制なども詳しくご説明させていただきます。 工事中は現場に警備員を配置し、安全面にも万全を期しています。また、施工する職人には厳格な安全管理の下、作業を行っていますので安心してお任せください。 工事が完了した後は、作業場所をきれいに清掃いたします。撤去した不要物や建材は、適切に処理いたします。 現場で工事を行う場合、お客様にご迷惑をおかけすることもございますが、外構の綺麗な完成を目指して日々努力しております。何かご不明な点やご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    施工完了後のアフターサービス

    当社の外構サービスは、施工完了後もアフターサービスが充実しています。お客様に長くご愛用いただけるよう、施工後のメンテナンスや修理対応も迅速かつ丁寧に対応いたします。また、ご相談いただければ、雑草対策や季節ごとの植栽アドバイスなど、豊富な知識を持ったスタッフがお客様のお庭づくりをサポートいたします。お庭が美しく整備され、ご家族やお客様に心地よい空間を提供できることが私たちの喜びであり、誇りでもあります。お客様のご要望にお応えするために、アフターサービスにも力を入れ、お客様に満足いただける外構をご提供してまいります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。